精力剤は薬局などでは市販や販売はされていないの?

精力剤は市販していない?

精力剤は市販していない?

精力剤は市販でも売っています。薬局では免許を持った薬剤師が常駐していますので、要指導医薬品や第1類医薬品なども売っています。

第2類医薬品と第3類医薬品ならばドラッグストアやインターネット通販でも購入することができます。エナジードリンクなどは第2類医薬品もしくは第3類医薬品に分類されることが多いでしょう。

精力剤はというと、第3類医薬品ですらありません。すなわち、一般的な食品という扱いになります。そのため、薬局やドラッグストアはもちろん、インターネット通販やコンビニなどでも購入することができます。

しかし、コンビニやドラッグストアに商品が置かれているかどうかは、そのお店が決めることですので、必ず希望の商品が置かれているとは限りません。また、店舗で商品を販売するためには流通コストがかかります。

流通コストを節約するためにインターネット通販でしか販売をしていないような精力剤もあります。海外では人気があるが、日本では取り扱いがない商品の場合には、個人輸入代行の会社などを通して購入する必要があるでしょう。

海外からの個人輸入で購入をした商品の場合トラブルが起きても基本的に自己責任となるので、日本で販売されている精力剤を購入することがおすすめです。

含まれている成分によっては、一般用医薬品に分類されることもあります。しかし、現在では医薬品とはならないような成分のほうが増えているようです。

例えば、シトルリンは昔は医薬品として扱われていたようですが、現在では一般用医薬品ですらなく、食品という扱いになっています。精力アップに効果があると言われている成分として代表的なのはシトルリン、アルギニン、亜鉛などとなりますが、これらは食品という扱いです。

他にはマカ、トンカットアリ、クラチャイダムなども有名ですが、これらも食品です。基本的には、市販で売られていると考えてよいでしょう。

逆に、医薬品に分類されているような商品を購入する場合には副作用などについてもしっかりと確認をした上で服用しましょう。不安な人は市販で売られている精力剤を飲むようにしておけば間違いないと思われます。

市販で売られているということは、それなりに需要が高く、ショップが販売してもよいと判断をしているということになります。インターネット通販でしか売られていないような商品が信頼できないというわけではありません。

現在はインターネットが普及していて口コミなどもたくさん投稿されているので、参考にしてみましょう。